//以下、バリューコマース パソコン仕事のデスクワーク、辛い肩の痛みをラクペタンで簡単解消! | 無課金でのゲームと旅行と日々。
スポンサーリンク

パソコン仕事のデスクワーク、辛い肩の痛みをラクペタンで簡単解消!

私は普段、デスクワークがほとんどです。

1日中パソコンと向き合い、wordやExcelをずっとやっています。

そんな仕事ばかりしていふと、とても肩が凝りますよね。

とは言え、マッサージに行く時間もなければ、マッサージは高いので頻繁に行くわけにもいきません。

そんな時に私が対策として使っているのは、ラクペタンDXです。

スポンサーリンク

1日10時間、ひたすらパソコンと向き合う

私の現在の仕事は、ほとんどがパソコン上で行われます。

正直在宅勤務でもいいんじゃないかと思うくらい、外に出ないことが多いです。

ひたすらパソコンで資料を作ったり、処理をしたりしています。

1日8時間の勤務時間+2時間の残業として、10時間程度パソコンと向き合っているわけですね。

当然、ずっと同じ態勢で仕事をすることになります。

そんな毎日を繰り返していると、肩が凝るのは当たり前のことです。

家に帰ると「あー、肩凝った〜」と漏れる日々です。

そんな時、肩凝りを解消するために定期的に使うのがラクペタンDXです。

一時期は毎日のように貼っていていましたが、一度かぶれた経験があるため、それからは数日に一回だけ貼るように心がけています。

肩凝りには24時間効果が持続するラクペタンDX!

肩凝りに効く薬やテープ系などはたくさんあり、肩凝りに悩まされてきた私は、いくつか試してきました。

その中で、個人的に最もおすすめなのがラクペタンDXです。

もちろん、効果には個人差があるのですが、仕事から帰ってきてシャワー上がりにラクペタンDXを貼ると、かなり肩の凝りが違います。

また、24時間効果が持続するため、会社から帰ってきたお風呂上がりにラクペタンDXを貼ったら、翌日お風呂に入るまで効果が持続します

つまり、その日の疲れを取るだけでなく、翌日の仕事中も効果が持続する、というわけです。

一回貼るだけで2回分の仕事に対して効果があるため、非常にコストパフォーマンスが良いです。

また、ラクペタンDXは効果が強いので、少量を貼るだけで十分な効果が見込めるのも魅力です。

それについては次でお話ししますが、マッサージと比較して圧倒的に安上がりで済むのをご理解いただけるかと思います。

スポンサーリンク

肩凝り対策なら、ラクペタンは切って使えば十分!

ラクペタンDXの良いところは、効力が強く、長続きすることです。

写真のように、一枚の大きさもそれほど大きくありません。

ラクペタンDXを切る

最初から片手サイズですが、肩凝りに使うときはまず半分に切ります。

ただでさえ小さいのに、半分にすることで更に小さくなります。

ラクペタンDXの半分

この半分にしたラクペタンを、片方の肩に貼るわけではありません。

半分にしたラクペタンDXを更に半分にした大きさで、十分な効力を発揮します。

つまり、片方の肩の凝りをほぐす分には、1/4の大きさがあれば十分、というわけです。

それくらい、ラクペタンDXは強力です。

1/4のラクペタン

めちゃくちゃ小さいですね。

でも、これくらいのサイズで十分肩の凝りは解消されます。

このラクペタンDXは21枚入りなので、一枚ずつ貼ってしまうと10回で終わりです。

1週間で3回貼ったとすると、1ヶ月も持ちませんが、1/4ずつ使うことで4倍長持ちさせることができます。

1枚丸々貼らないと効果が弱いということであれば、それは仕方ありませんが、正直片方の肩に1枚ずつ貼るのはオーバースペックです。

肩凝りをほぐすことだけを目的とするのであれば、1/4ずつ使いましょう。

※個人差がありますので、効果が弱いと感じたら半分、もしくは1枚ずつそのまま使いましょう。

まとめ。パソコン仕事の肩凝りはラクペタンで解消しよう!

効果が強く長続きするラクペタンDXは、デスクワークの多いサラリーマンの強い味方です。

私もラクペタンには大変お世話になっており、なくてはならない存在になっています。

デスクワークが多くない方でも、スマホ社会になって、画面を見る機会が増え、肩凝りに悩まされる方も多いと思います。

パソコン仕事の方だけでなく、肩・腰の痛みにお悩みの方全般におすすめできます。

効果には個人差がありますが、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中なので、クリックしていただけると喜びます!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村


スマホ・携帯ゲームランキング