スポンサーリンク

【日帰り温泉】東京で希少な硫黄泉!あきる野市にある秋川渓谷 瀬音の湯に行ってみた

東京都あきる野市にある、秋川渓谷 瀬音の湯に行ってみました。

秋川渓谷 瀬音の湯

画像出典 : 秋川渓谷 瀬音の湯

この温泉は東京都内にありながら、自然に囲まれ、温泉気分を満喫することができます。

また、東京でほ珍しいほんのりと香る硫黄泉で、日々の疲れを癒してくれますので、日帰り温泉におすすめです。

スポンサーリンク

瀬音の湯の基本情報

瀬音の湯は東京都あきる野市にあるため、東京や埼玉にお住いの方はアクセスしやすいと思います。

基本情報は以下のとおりです。

  • 住所 : 東京都あきる野市乙津565 秋川渓谷瀬音の湯
  • 電話番号 : 042-595-2614
  • 営業時間 : 10:00〜22:00(最終受付21:00)
  • 料金 : 大人900円、子供450円

宿泊もできるようですので、遠方から東京に来た方は一泊するのも良いかもしれません。

※営業情報等は予告なく変更される場合がありますので、必ず公式サイトで確認してから行くようにしてください。

東京では珍しい硫黄の温泉!

秋川渓谷 瀬音の湯は、東京都内では非常に珍しい硫黄泉です。

奥日光や草津等の硫黄泉が好きな方にはおすすめの温泉です。

ただし、奥日光等の硫黄泉と比較すると瀬音の湯は「ほんのり香る」程度のものですので、あまり期待しすぎない方が良いです。

とは言え、お湯は無色透明でぬるぬるで、肩まで浸かるとしっかり硫黄の香りを感じることができます。

瀬音の湯の内装

硫黄の臭いも非常に良いですが、個人的にこの温泉がおすすめなのは、屋外にサウナがあることです。

特に秋・冬の季節は、サウナで火照った体を自然の空気で冷やすことができ、本当に気持ちがいいです。

露天風呂からは森林が見え、それを見ながら体を冷ませば、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

元々は硫黄泉が目的で瀬音の湯に来ましたが、泉質だけでなくサウナにもハマってしまいました。

欲を言えば、浴室内に冷水機がないのが少し残念です。

近くに水分補給できる場所がないので、あまり連続でサウナに入ることができません。

ここが改善されれば言うことなしです。

スポンサーリンク

日帰り温泉にちょうど良い距離

瀬音の湯は東京都内にありながら、自然が豊かなため、まるで群馬の温泉地に来たような感覚になれます。

東京・埼玉から近く、下道だけで行くこともできます。

(高速使った方が早いです。)

東京から日帰り温泉を楽しむには、近すぎず遠すぎず、ちょうど良い距離です。

瀬音の湯の看板

また、東京都内の温泉は黒色のいわゆる「黒湯」がほとんどなので、硫黄の臭いのする温泉は非常に珍しいです。

日帰り温泉として行くからには、少し距離があって珍しい泉質の方がいいですよね。

東京から行ける硫黄泉の温泉の中では、トップクラスに近いのではないでしょうか。

また、少し寄り道をすれば関東最大級と言われる、埼玉県入間市の三井アウトレットパークがあります。

温泉だけでは少し時間が余るので、アウトレットパークで買い物を楽しんでから行くのも良いです。

このように都心からアクセスが良いため、日帰り温泉に最適です。

まとめ、感想

東京都内にありながら、本格的な温泉を満喫できる、秋川渓谷 瀬音の湯に行ってきました。

森林に囲まれ、東京とは思えない安らぎを得られます。

また、泉質も都内では非常に珍しい硫黄泉ですので、休日時間があるとき等におすすめです。

さらに下道でも2〜3時間で行けるほどよい距離で、ぜひ日帰り温泉の目的地にしてみてください。

ルートにもよりますが、近くには三井アウトレットパーク入間もあるので、休日には買い物→温泉のコースを堪能してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中なので、クリックしていただけると喜びます!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村


スマホ・携帯ゲームランキング