スポンサーリンク

黒卵と硫黄臭!箱根温泉の観光に大涌谷がおすすめ

東京からアクセスが良いため、人気の温泉地である箱根温泉。

でも箱根温泉は草津温泉等と違って、「温泉街」っぽい街並みが少なく、徒歩で行けるような近場にあまり観光地がありません。

しかし、少し車で移動すると、自然の雄大さを体感できる観光スポットが出てきます。

その一つが、今でも火山活動が起こっている、箱根大涌谷です。

大涌谷の黒たまご館

画像出典 : 大涌谷黒たまご館

スポンサーリンク

大涌谷とは?

大涌谷は、神奈川県足柄下郡箱根町にある、有名な観光スポットです。

約3,000年前、箱根火山で起きた水蒸気爆発がきっかけで生まれたと言われています。

大涌谷周辺では現在も火山活動が続いており、間近でそれを体感することができます。

火口からは有害な火山ガスが出ているので、健康な方には影響ありませんが、呼吸器系や心臓に持病をお持ちの方は控えた方が良いでしょう。

有害ガスの濃度は常に観測されており、風向き等によって有害ガスの濃度が濃くなった場合は立ち入り禁止になる場合もありますのでご注意ください。

裏を返すと、有害ガスの濃度は常に監視されているので安心、ということですね。

その他細かい注意事項がありますので、行く前には公式サイトやパンフレットをよく読んでください。

人工的ではない大自然の力を感じることができるので、観光スポットとして人気です。

圧巻!地面が燃えているかのような火山ガス

先程ご紹介したとおり、大涌谷周辺では現在も火山活動が起こっています。

もちろん火山活動の状態は常に監視されており、が活発になった時は立ち入り禁止になりますのでご安心ください。

大涌谷ではこの火山活動による火山ガスを見ることができます。

至る所で地面から白煙が出ており、まるで地面が燃えているような状態です。

この光景は非常にインパクトが強く、初めて見た方は忘れられない光景になるかもしれません。

大涌谷の火山ガス

白煙は火山ガスなので、硫黄の臭いがします。

大涌谷に到着すると、まずその硫黄臭の強さに驚くことでしょう。

あたり一帯に硫黄の臭いが充満しています。

私は温泉も硫黄泉が好きなので、この臭いが堪らないですね。

硫黄臭が苦手な方は、あまり長居できないかもしれません。

スポンサーリンク

大涌谷に行ったら食べて欲しい黒たまご

大涌谷を訪れたら、ぜひ食べてみて欲しいのが黒たまごです。

大涌谷名物なので、ご存知の方も多いかと思います。

黒たまごは、火山ガスの硫化水素による化学反応で卵の殻に硫化鉄が付着したものです。

そのため、黒いのは殻だけで、中に有害物質が入っているということはありませんのでご安心ください。

黒たまごとたまご椅子

黒たまごは大涌谷の名物になっていますので、色々なところに黒たまごのオブジェ(写真は椅子)を見ることができます。

卵の殻(外側)は硫黄の臭いがしますが、中は普通のゆで卵です。

ほんのりとする硫黄の残り香を楽しみながら、付属の塩で食べてみてください。

なお、味は普通のゆで卵とあまり変わりませんので、がっかりしないでくださいね。

でも、せっかく大涌谷にきたのであれば、一度は黒たまごを食べてみることをおすすめします。

まとめ、感想

都会から近く、神奈川県に位置する箱根温泉ですが、大涌谷や芦ノ湖等、自然に溢れています。

特に大涌谷は、他の地域ではなかなか見ることができない光景です。

大涌谷に到着すると、まずその硫黄の臭いに驚くことかと思います。

温泉の硫黄泉独特のあの臭いですね。

そして更に、まるで地面が燃えているかのような火山ガスにも驚かされます。

箱根温泉は徒歩で行ける範囲にあまり観光スポットがありませんので、箱根に訪れた際は是非、大涌谷に行ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中なので、クリックしていただけると喜びます!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村


スマホ・携帯ゲームランキング