//以下、バリューコマース Google AdSenseの審査に他社広告を貼ったまま合格した話 | 無課金でのゲームと旅行と日々。
スポンサーリンク

Google AdSenseの審査に他社広告を貼ったまま合格した話

Google AdSenseの広告審査時に落ちたので、まずは他社広告を貼ることにしました。

もちろんGoogle AdSenseを諦めたわけではありません。

しかし、もう一度Google AdSenseの審査に出すにあたって、今まで貼っていた他社広告はとりあえず外さなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

最初は「不十分なコンテンツ」で不合格

このブログは最初は10記事程度で審査に出しましたが、「不十分なコンテンツ」と診断され、不合格になりました

調べてみると、記事数の少ないカテゴリがあったりすると、不十分なコンテンツとみなされる場合があるようです。

私の場合も10記事しかないのに複数カテゴリを作っていたので、2~3記事しかないカテゴリがありましたので、おそらくそれが原因と思われます。

そのため、しばらく記事を書き続けて、もっと記事数を増やして再審査に臨むことにしました。

実際に私がGoogle AdSenseに合格した際の記事数は30記事ちょっとでした。

medi8を貼ったまま再審査へ

Google Adsenseの再審査に臨むと言っても、何も広告を貼らないのは記事を作成するモチベーションが上がらないので、一先ず、Google Adsenseの次に収益性が高いと言われるmedi8の広告を貼ることにしました。

作ったばかりのブログでしたが、medi8では少しずつだけどお金が発生しており、モチベーションを維持するには十分でした。

しかし、もちろんGoogle Adsenseを諦めたわけではありません。

そこで、記事数が増えた段階で再審査に出すことにしました。

色々調べてみると、「他社広告は外して審査に出した方がいい」と書かれていたので、外そうと思いましたが、いかんせん面倒くさい

私の場合はまだ「不十分なコンテンツ」としか言われていないので、そもそも他社広告の有無で判断される土俵にすら立っていません。

そのため、「不十分なコンテンツ」以外の理由で不合格になった時にmedi8の広告を外すことにし、とりあえずそのまま審査に出すことにしました。

スポンサーリンク

他社広告の有無は審査に影響はない

他社広告を貼ったまま審査に出しましたが、審査結果が出るのは1営業日程度でした。

あまりにあっという間に来たので、また「不十分なコンテンツ」かな、と思って見ると、「お客様のサイトがAdsenseに接続されました」という文字が


絶対不合格だと思っていたので、一瞬、合格なのか何なのか分かりませんでしたが、メールを開くと「おめでとうございます」と書いてあり、合格したことに気づきました。

ここで判明したのは、Google Adsenseの審査に他社広告の有無は関係ない、ということです。

よくよく考えてみると、他社の広告が入っていても、それが自分たちの広告に置き換わるという話だけであって、それが理由で不合格になるとは思えません。

ただし、合理的に考えると、今他社広告が出ている場所にAdsenseの広告が置き換わるので、現在の広告の位置が適切かどうかは見られるかもしれません。

余計な判断材料を与えない、という意味では、「Google AdSenseの審査に出すときには他社広告を外したほうがいい」というのもあながち間違いではないかもしれませんが。

まとめ

Google AdSenseの審査に落ちたからと言って、ただひたすらにGoogle AdSenseに合格することだけを目指して記事を書き続けるのは苦行です。

また、再審査に出す時に、いちいち他社広告を外すのも面倒くさいですよね。

私もこの考え方で、とりあえず他社広告を入れたまま審査に出しましたが、無事合格する不ことができました

他社広告の有無はGoogle Adsenseの審査には関係がないことが分かりましたが、他社広告の位置や出し方は審査対象になるかもしれません。

しかしながら、他社広告を外すか悩んでいる方は、他社広告が入ったまま審査に出して合格したケースもある、ということを覚えておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中なので、クリックしていただけると喜びます!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村


スマホ・携帯ゲームランキング