スポンサーリンク

格安栄養ドリンクをおすすめする3つの理由

私はしばしば格安の栄養ドリンクを飲みます。

仕事が忙しく、疲れが溜まっている時や、土日に遠出したために月曜日疲れている時などです。

リポビタンDやアリナミンなど、栄養ドリンクには種類がありますが、私はイオンやドンキホーテで売っている格安栄養ドリンクをおすすめします。

スポンサーリンク

格安栄養ドリンクは値段が全く違う

私が格安栄養ドリンクをおすすめする理由の一つ目にして最大の違いは価格です。

栄養ドリンクで定番なのがリポビタンDですが、コンビニで約150円程度、薬局などの安いところでも130円程度が相場です。

それに対して格安の栄養ドリンクは一本当たり60〜70円程度のものが多いです。

つまり、約半額の値段で購入することができるのです。

たとえば、1週間に2〜3本、月間で10本程度飲む場合、年間で、

60円 × 10本 ×12ヶ月 = 7,200円

の差が生まれることになります。

この違いは馬鹿にできないですよね。

タウリンの含有量は格安栄養ドリンクの方が多い

格安栄養ドリンクで目立つのが、タウリン3000mg配合!といった記述。

そもそもタウリンって過剰摂取して大丈夫なものなのか?という疑問があるかと思いますが、これは特に問題ありません。

タウリンには肝機能を高める他、細胞を正常に保つ働きや血圧を下げる働きがありますが、過剰摂取した分については尿や汗になって排泄されます。

つまり、タウリンが多く含まれている分には損することはない、ということです。

ちなみに3000mgという量ですが、成人男性が効果を期待する上では3000mg〜6000mg必要と言われていますので、これだけでは過剰摂取とは言えません。

ただし、タウリンは他の食品に含まれていたり、体内でも生成できたりするので、不足することはありません。

タウリンが多く含まれているドリンクを飲んだ場合、余剰分は排泄される、ということになります。

スポンサーリンク

効果なんて大差ない。プラセボ効果(プラシーボ効果)が重要

ところで、そもそも栄養ドリンクを飲んで、その効果を明確に実感したことある方はいらっしゃいますでしょうか。

実際のところ、何となく元気になった気がする、程度のもので、明確な実感を得られる方は少ないと思います。

それは、プラセボ効果(プラシーボ効果とも言う)による影響が大きいためです。

プラセボ効果とは、簡単に言うと思い込みによる効果です。

別名「偽薬効果」とも言われており、全く薬とは関係のない成分でできた「薬っぽい見た目のもの」を、薬だと称して医者が提供したことにより、病気が治ったという実験結果さえあります。

栄養ドリンクもそれと同じで、「タウリンをはじめとする健康に良い成分を摂取しているのだから、健康が良くなる」と思い込むことにより、元気になることができるのです。

まとめ

色々な種類がある栄養ドリンクですが、次の3つの理由から、格安栄養ドリンクをおすすめします。

  1. 価格が半額程度で済む
  2. タウリンの含有量が多い
  3. 結局のところプラセボ効果によるものが大きい

まずは一度格安の栄養ドリンクを試してみて、普通の栄養ドリンクとの効果の差を比べてみてはどうでしょうか。

きっと2倍の価格の栄養ドリンクとの違いがよく分からないので、安い方がいい!という結論になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中なので、クリックしていただけると喜びます!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村


スマホ・携帯ゲームランキング