スポンサーリンク

ダイソン Dyson V8 Fluffyの掃除機を買ってみた【レビュー】

ダイソンの掃除機、Dyson V8 Fluffyを買ってみました。

ついに念願のダイソンデビュー!

Dyson V8 Fluffyはそれほどグレードの高いモデルではないですが、噂通りの便利さで、値段以上の価値があると思いました。

スポンサーリンク

強力な吸引力!

ダイソンと言えば「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」というコピーが有名です。

吸引力の強さは強・弱の2パターンから選べますが、強を使うことはほとんどありません。

何故なら弱でも十分強く、強の出番がないからです。

布団もソファも、弱で十分吸い取れます。

家電量販店の店員に聞いた時も、同じような見解でした。

使用時だけONにするので、バッテリーも長持ち

Dyson V8 Fluffyのバッテリーは最長40分と表記されておりますが、バッテリーは少しずつ劣化していくので最長時間は出ないのが世の常です。

しかし30分もあれば十分です。

「えっ、30分じゃ掃除機かけ終わらないよ!」という方も多いと思いますが、ダイソンは「駆動時間」が30分なのです。

どういうことかと言うと、ダイソンには拳銃のトリガーのようなものがついており、そこを握っている間だけモーターが駆動します。

Dyson V8 Fluffy

一般的な掃除機は一度オンにしたら、掃除が終わるまでつけっぱなしかと思いますが、ダイソンはそうではありません。

使用するタイミングだけオンになっているので、実際は1時間以上連続稼働させることができます。

(もちろん使い方によって異なります。)

スポンサーリンク

様々なパーツ(ヘッド)で使えるのが便利

ダイソンの便利なところは、ヘッドを付け替えて使えることです。

通常の掃除機の他、狭い空間や布団などなど。

私の場合は5〜6個のヘッドがついていました。

(正直、全て使いこなせていません。笑)

ダイソンのヘッド

ヘッドの数は正規店で買うかどうか等によって異なるようですので、購入の際は確認することをおすすめします。

壁に穴を空けられないので、スタンドだけ別に購入

Dyson V8 Fluffyは壁に穴をあけて吊るす(立て掛ける?)というのが標準の使い方のようです。

たしかに壁にダイソンがくっついていたら、どことなく格好良い感じはします。

しかし私の場合は賃貸なので、そう簡単に穴を開けるわけにはいきません。

おそらく私と同じ状況の方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、ダイソンを自立させるためのスタンドを買うことをおすすめします。

ダイソンのスタンド

私の場合は店員さんのおすすめで買いましたが、純正品というわけではありません。

家電量販店の店員さん曰く、特に純正品というものはないので、汎用的なものを買うのが良いようです。

少なくとも数ヶ月使った感じでは、この掃除機スタンドで十分です。

スポンサーリンク

感想、まとめ。やはりダイソンは便利!

今まで色々な掃除機を使ってきましたが、やはりダイソンは便利です。

ダイソンの前は25,000円くらいのパナソニックの掃除機を使っていましたが、ダイソンの方が圧倒的に便利でした。

まぁ値段も一万円くらい高いですが、正直それくらいの差はあります。

ダイソンを使って車の掃除もしましたが、非常に満足しています。

やはり評価の高いものはそれに相応しい使いやすさがありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中なので、クリックしていただけると喜びます!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
にほんブログ村


スマホ・携帯ゲームランキング